オダギリジョー cm・東京タワー オダギリジョー
あなたは オダギリさんのような

かっこいいカレシが欲しくない?
はい、ほしい!
いいえ、その前に、 ダイエットするぞ!

チェックして、判定ボタンをクリック!











オダギリジョー cm・東京タワー オダギリジョー

オダギリジョー cm・東京タワー オダギリジョー
オダギリジョー
本名:小田切 譲(おだぎり じょう)
岡山県津山市出身の日本の俳優。
高崎映画祭 最優秀主演男優賞(2004年)『アカルイミライ』 日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞(2004年)『血と骨』 東京スポーツ映画大賞 最優秀助演男優賞(2005年)『血と骨』 毎日映画コンクール 男優助演賞(2005年)『この世の外へ クラブ進駐軍』・『血と骨』 キネマ旬報ベストテン 助演男優賞(2005年)『血と骨』 ブルーリボン 助演男優賞(2005年)『この世の外へ クラブ進駐軍』、『血と骨』 日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(2005年)『血と骨』 ヨコハマ映画祭 主演男優賞(2005年)『メゾン・ド・ヒミコ』・『スクラップ・ヘブン』、『SHINOBI』・『オペレッタ狸御殿』 キネマ旬報ベストテン 主演男優賞(2006年)『メゾン・ド・ヒミコ』・『オペレッタ狸御殿』・『SHINOBI』など 日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞(2006年)『メゾン・ド・ヒミコ』・『スクラップ・ヘブン』 高崎映画祭 最優秀主演男優賞(2007年)『ゆれる』 日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(2007年)『ゆれる』
オダギリジョー 来歴・概要

オダギリジョー 俳優デビューまで岡山県津山市で生まれ育つ。
津山市立津山東小学校で次長課長の河本準一と同級生であった。
あとアメリカに渡りカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学。記入ミス(「drama」の文字を目にした時点で監督養成コースだと勘違いし、マークを付けてしまった)により不本意ながら俳優養成コースを受講し、ほとんどが習得するとされる演技理論、メソッド演技法を学ぶ。2年で大学を休学し帰国後、日本の俳優養成所を経て舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューを果たす。
オダギリジョー自体はカタカナにしたのは、「譲」だと『ゆずる』と読まれてしまうこともあるため、と語っている。


オダギリジョー イケメンヒーローから演技派俳優へテレビ朝日系列で放送された主人公、五代雄介(ごだい ゆうすけ)役を好演。
テレビドラマ、舞台、映画、テレビコマーシャルなど幅広い分野で活躍。主演男優賞を受賞。演技で強烈な存在感を披露し、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
時間は短かったが、ビートたけしとの過激な喧嘩シーンを中心に存在感を見せつけ、同年度の国内の映画賞の助演男優賞を多数獲得した。映画『オペレッタ狸御殿』ではチャン・ツィイーと共演。
青年という役柄を演じ切り、昨年度に続き主演での男優賞を複数個獲得した。

オダギリジョー 映画監督として俳優として成功を地位を確立したオダギリだが、記した通り、現在は志が強かったため、機会が自らメガホンを取り短編映画などを製作している。
テーマは出演者は、河原さぶ、村上淳、松岡俊介、田中哲司。
出演者は不明。
2007年には自らの脚本・監督による『さくらな人たち』は編集等が未終了。
出演者は、河本準一、河原さぶ、三谷昇、他。2作とも公開は未定となっている。
同年6月1日放送の『帰ってきた時効警察』第八話では脚本・監督を務めた。
放送日まで、「トム・ジョンイル」であるとされた。レギュラー出演者を務めるなど、バラエティー番組にも積極的に出演していた。オダギリジョー 写真  オダギリジョー 本名 
自らの過去の恋愛に纏わる話を(後年、別の番組で明石家さんまと共演した際、オダギリ本人はそのときのことを語っていたが、それによると、オダギリのトークを気に入ったさんまがその後何度もオダギリに話を振ってきたため「すごく怖くなったそうである)、『ダウンタウンDX』ではアメリカでの学生生活におけるエピソードを披露していた。そのためそれらの番組の司会者(明石家さんまやダウンタウン)とは現在でも親交が深い。
2000年12月からの3年間、BSフジの情報バラエティー番組『週刊BSデジタルマガジン』でタレントの阿部美穂子と共にレギュラー司会者を担当。お笑い芸人として駆け出しの頃の青木さやかや松田大輔(東京ダイナマイト)とも共演する。毎回奇抜な衣装で登場し、オダギリ自身も独特のギャグセンスを発揮。「俳優」としての枠を超越した表情を垣間見ることができた。しかし現在は俳優業に専念する意志が強く、バラエティー番組への出演機会は当初に比べて極端に減少している。先に記したような番組は現在、DVDなどの家庭視聴向けの販売はなされておらず、また販売される予定もないため、一般の視聴者が目にする機会が皆無に近い貴重な映像となっている。
オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー 
オダギリジョー ファッション
記者会見やインタビューなど、公共の場に姿を見せるときのオダギリのファッションは極めて大胆かつ個性的であり、奇抜で批判も多い。現在でもファッション関連の雑誌で頻繁に表紙を飾る。オダギリジョー ファッション  オダギリジョー 髪型  オダギリジョー 転々  オダギリジョー ライフカード  2005年に開催された第28回日本アカデミー賞では、片側だけモヒカンスタイルという髪型で登場。最優秀助演男優賞の受賞が華を添え、翌年度の授賞式にもプレゼンターとして再度登場した。前年度にも増して奇抜なヘアスタイル(乱雑に4つに結わえた髪型)には登場時より、会場中から驚嘆とも苦笑とも表現しうる囁き声が聞かれた。最優秀助演男優賞を獲得した堤真一が堪えきれず「受賞の喜びよりもお前の頭、何や!?」と全出席者の心の声を代弁。会場全体が安堵にも似た大きな笑いに包まれた(堤とはテレビドラマ『ビギナー』で競演以来親交が深い)。さらに翌年受賞時は、アフロヘアで出席。3年連続でオダギリの奇抜なファッションが受賞者の喜びに華を添えた。カンヌ国際映画祭ではタキシードを腕まくりしてレッドカーペットを歩き、関係者を驚かせた。本人いわく「本当は上着を脱ぎたかったんだけど、脱いだら会場に入れないのでこうした」とのことである。
オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画 
オダギリジョー オダギリと『仮面ライダークウガ』『仮面ライダークウガ』で自身の知名度を上げ、また実質イケメンヒーローブームの立役者であるにも関わらず、複数のメディアで「事務所の命令で、仕方なくクウガのオーディションを受けた」「変身して戦うヒーローは気持ち悪い」「クウガのオファーを受けた際は俳優を辞めるか死ぬか悩んだ」等と発言。多くのクウガファン・オダギリファンの物議を呼んだ。オダギリジョー 彼女  オダギリジョー 動画  オダギリジョー ドラマ  オーラの泉 オダギリジョー  「ライダーを演じる人間がライダー好きである必要は無い」「本人の思想はどうあれクウガは見事に演じきった」「自身をメジャーにしてくれたシリーズに対して失礼」「クウガファンの児童がオダギリの発言を知ったらどう思うんだ」等、賛否両論となった。特撮ヒーロー役を演じた俳優は以降、「ヒーロー役を超える知名度を得られない」「児童向け特撮番組で付いてしまったイメージから脱却したい」という傾向から、多かれ少なかれ特撮番組で演じた役に消極的な態度を示すケースが見受けられる。オダギリの発言は多くのファンの望んだものでは無かったが、ファンも寛容な姿勢を示せば、無益な論争は回避できると考えられる。
オダギリジョー 写真  オダギリジョー 本名  なおオダギリは先のような発言と同時に「クウガのスタッフは尊敬している」とも語っており、プロデューサーだった寺成紀によれば、オダギリと寺の交友は今でも続いている。また、テレビ朝日系列で放送された某ランキング番組の2002年9月8日放送分「あなたが選んだ日本のヒーローベスト100」でクウガが第1位にランクインした際、オダギリは視聴者へのメッセージとして「自分がクウガに出演していたことを忘れないでほしい」とコメントしている。オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー  オダギリジョー クウガ出演について
2005年に雑誌『ピクトアップ』のインタビューでクウガ出演のきっかけを問われたオダギリは、以下のような趣旨の回答をしている。クウガの前年にもある特撮番組のオーディションを受けさせられていた。しかし自分は変身ヒーローや特撮には嫌悪感が強く、審査員に「自分は本格的な演技がしたくて勉強しているからヒーロー番組には出たくない」等、特撮ヒーロー物を罵る発言を繰返したので、もうこんな話は来ないと思っていた。しかし事務所からの命令があり、クウガのオーディションに行った。 オダギリジョー ファッション  オダギリジョー 髪型  オダギリジョー 転々  オダギリジョー ライフカード  不満を持ちながら命令に従った理由は、その前年のオーディションの際に会い、その才能に惚れ込んでこの人なら一緒に仕事をしたいと思ったという東映のプロデューサー(名指しはしていないが、内容から寺を指しているものと思われる。寺は先の一件についても現場に居合わせており、オダギリの発言が事実であることを認めている)が参加していることを知らされていたから。
オーディションに合格した後、そのプロデューサーから一緒にこの番組を作りたい、と大変熱心な説得があったことが決め手になった。 自分(=オダギリ)は『この役を自分が演じたらどうなるだろう』と言う興味を持つ作品のオファーを受けるタイプだと思う。今振り返ってみれば、クウガ/五代雄介というキャラクターにはそういう魅力を感じたのだろうし、自分の役者としての姿勢は当時から一貫していたんだな、と思うことがある。
オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画  オダギリジョー 余話
アメリカでの滞在歴があるオダギリは英会話ができる、日常の会話はどうにかこなせる。2006年公開の映画『BIG RIVER』では全編に亘って英語で台詞のやりとりをしている。 オダギリジョー 彼女  オダギリジョー 動画  オダギリジョー ドラマ  オーラの泉 オダギリジョー  お笑いコンビ次長課長の河本準一が在籍していた小学校にオダギリが転校してきたため、両者は同級生同士である。河本によると、3年生の時はクラスメート(2組)で、「ジョー」「もっち」と呼び合っていた仲だという。河本は自らが人気を獲得すると事あるごとにオダギリとの関係を強調。転校先の土地に不慣れなオダギリを河本が案内したと発言したがオダギリ曰く「そんなことはなかった」。交流が断絶していた時期もあったが決して不仲であったりお互いが存在を忘れていたりということではなく、河本・オダギリの両者がそれぞれの業界で頭角を現しメディアへの露出が頻繁になったことでお互いの存在を再認識し合い、現在ではたまには近況の報告などをしている。 中高生時代は、バンドでドラムを叩いていた。現在もプライベートではバンド活動をしており、ギター等を演奏している。 東京タワー オダギリジョー  オダギリジョー 熱愛  オダギリジョー cm  オダギリジョー 壁紙 
ハムが大好物で、高崎映画祭では副賞として名物の高崎ハムが貰えるため、受賞スピーチではハムを貰える事の喜びを熱く語っている。 河原さぶと親交がある。 学生時代は変わり者だったらしく、集合写真などでは何故かカメラから目をそらしている。  オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画 
オダギリジョー 出演 オダギリジョー 映画 金融腐蝕列島 呪縛(2000年・原田眞人監督)
プラトニック・セックス(2001年・松浦雅子監督) 目下の恋人(2002年・辻仁成監督)
アカルイミライ(2003年・黒沢清監督/主演) 曖昧な未来、黒沢清(2003年・藤井謙二郎監督/主演)
監督感染(松岡俊介監督「payday」)(2003年) あずみ(2003年・北村龍平監督) オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー  HAZARD(2003年・園子温監督/主演) この世の外へ〜クラブ進駐軍(2004年・阪本順治監督/主演) 日常恐怖劇場 オモヒノタマ 念珠(2004年・楠本直樹監督)
血と骨(2004年・崔洋一監督) パッチギ!(2005年・井筒和幸監督) イン・ザ・プール(2005年・三木聡監督/主演)
オペレッタ狸御殿(2005年・鈴木清順監督/主演) 夢の中へ(2005年・園子温監督)
メゾン・ド・ヒミコ(2005年・犬童一心監督/主演) SHINOBI-HEART UNDER BLADE-(2005年・下山天監督/主演)
スクラップ・ヘブン(2005年・李相日監督/主演) THE 有頂天ホテル(2006年・三谷幸喜監督)
BLACK KISS(2006年・手塚眞監督)     BIG RIVER(2006年・舩橋淳監督/主演)
ゆれる(2006年・西川美和監督/主演) パビリオン山椒魚(2006年・冨永昌敬監督/主演)
叫(2007年・黒沢清監督) オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー  蟲師(2007年3月・大友克洋監督/主演) 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年4月・松岡錠司監督/主演) サッド ヴァケイション(2007年9月・青山真治監督)後藤役 転々(2007年11月・三木聡監督/主演)
たみおのしあわせ(2008年・岩松了監督/主演) オダギリジョー 連続ドラマ オダギリジョー ファッション  オダギリジョー 髪型  オダギリジョー 転々  オダギリジョー ライフカード  仮面ライダークウガ(2000年主演、テレビ朝日) - 五代雄介 役 OLビジュアル系 2nd Season(2001年、テレビ朝日) - 一ノ宮華都比呼 役
嫉妬の香り(2001年、テレビ朝日) - 浅井誠 役 オダギリジョー 写真  オダギリジョー 本名 
初体験(2002年、フジテレビ) - 甲田敦史 役 サトラレ(2002年、テレビ朝日) - 里見健一 役
天体観測(2002年、フジテレビ) - 木崎タケシ 役 顔(2003年、フジテレビ) - 西島耕輔 役
ビギナー(2003年、フジテレビ) - 羽佐間旬 役 新選組!(2004年、NHK大河ドラマ) - 斎藤一 役
不機嫌なジーン(2005年、フジテレビ) - 勝田隼人 役 時効警察(2006年主演、テレビ朝日) - 霧山修一朗 役
帰ってきた時効警察(2007年主演、テレビ朝日) - 霧山修一朗 役
オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画 
オダギリジョー 単発ドラマ 夏の王様(2001年、NHK) 愛の手前 恋のとなり(2002年、テレビ朝日)
さとうきび畑の唄(2003年、TBS) - 吉岡 役 オダギリジョー 彼女  オダギリジョー 動画  オダギリジョー ドラマ  オーラの泉 オダギリジョー  ぼくらはみんな生きている(2003年主演、テレビ朝日)
海峡を渡るバイオリン(2004年、フジテレビ) 新選組!! 土方歳三 最期の一日(2006年、NHK正月時代劇) - 斎藤一役
オダギリジョー OVAi -wish you were here-(2001年・ユウジ)
オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー 
オダギリジョー ナレーション 世界遺産第3代ナレーター(2005年10月〜2006年3月、TBS系)
星野道夫 アラスカ 星のような物語(感受編・思索編・希望編)(2006年8月2日発売、DVD)
オダギリジョー 彼女  オダギリジョー 動画  オダギリジョー ドラマ  オーラの泉 オダギリジョー 
オダギリジョー CM ダイドー デミタスコーヒー(1999年) 日立製作所 cdma携帯電話(1999年)
東芝 燃料電池(1999年) トヨタ自動車 ファンカーゴ(2000年) バンダイ DX変身ベルト(2000年) 任天堂 ポケモンミニ(2001年) グンゼ YG-X(2003年) 東京タワー オダギリジョー  オダギリジョー 熱愛  オダギリジョー cm  オダギリジョー 壁紙  キリンビバレッジ 烏龍聞茶(2003年) ソニー MDウォークマン/サウンドゲート(2003年)
パワードコム ポイント(2002年〜2003年) 宝酒造 スキッシュ(2004年) ロート製薬の目薬・ロートZi:シリーズ(2004年〜2005年) アサヒ飲料 若武者(2005年〜2006年) 富士通 F902i・F902iS(2005年〜2006年)
森永製菓 ウィダーinゼリー(2006年〜2007年) 旭化成 サランラップ(2006年〜2007年)
ホーユー Men's Beauteen(2002年〜) ライフカード(2004年4月〜)キヤノン IXY DIGITAL 「自由に、いこう。篇」(2007年3月〜) キリン・ザ・ゴールド(2007年4月〜) トヨタ自動車 ist(2007年7月〜)
オダギリジョー ファッション  オダギリジョー 髪型  オダギリジョー 転々  オダギリジョー ライフカード 
オダギリジョー 舞台 DREAM OF PASSION(1999年) Runner(1999年) SLAPSTICKS(2003年) オダギリジョー 音楽
オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画 
オダギリジョー シングル 『“t”』(2000年11月18日発売)
「“t”」「空へ飛ぶ時」「空へ飛ぶ時(Remix:栃木“Cherry”哲也&小泉一郎)「“t”(Plugged)」収録。
CDは仮面ライダークウガの番組レーベルとして発売されたが、キャラクターソングとしてではない。
『チェリー・ザ・ダストマン』(2006年8月23日発売) 勝手にしやがれ+オダギリジョー名義。「勝手にしやがれ」とのコラボレーション作。オダギリがボーカル&プロデュースを担当し、カップリング曲ではギターも披露している。
オダギリジョー アルバム 『WHITE』(2006年10月4日) 『BLACK』(2006年10月4日)
東京タワー オダギリジョー  オダギリジョー 熱愛  オダギリジョー cm  オダギリジョー 壁紙 
オダギリジョー その他
「悲しくてやりきれない」『パッチギ! サウンドトラック』(2005年1月19日)
フルバージョンで収録。 オダギリジョー 彼女  オダギリジョー 動画  オダギリジョー ドラマ  オーラの泉 オダギリジョー  「恋する炭酸水」「古今和歌」「霊峰・快羅須山のララバイ」『オペレッタ狸御殿 オリジナル・サウンドトラック』(2005年5月11日発売) オダギリジョー 麻生久美子  香椎由宇 オダギリジョー  オダギリジョー 仮面ライダー  「恋する炭酸水」「古今和歌」はチャン・ツィイーとのデュエット。「霊峰・快羅須山のララバイ」はソロ。
「母の教え給いし歌」『メゾン・ド・ヒミコ』(2005年8月24日)
公式サイトには、Mother's Song / Vocal: Joe Odagiri with chor of the "La Maison de Himiko”と記載されているが、CD収録曲ではオダギリの声はほとんど聞こえない。
オダギリジョー ブログ オダギリジョー 韓国  オダギリジョー 画像  オダギリジョー 映画 
オダギリジョー 書籍 オダギリジョー セーターブック(2000年 日本ヴォーグ社)
実写 オダギリジョー写真集(2000年 ビブロス)
オダギリズム(2001年 美術出版社)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。